女性でもOK

インターネット通販増加による宅配ドライバーは女性にもピッタリ!

インターネット通販を利用する人が増えている現代では、宅配ドライバーの人材が不足しており、男性だけでなく女性の宅配ドライバーも増えています。多くの荷物を運ぶ事になる力仕事というイメージがあるかもしれ…

重機も扱う大型ダンプドライバーなら力が弱い女性でも大丈夫

重機を扱ったり、大型ダンプが行き交うような仕事場はこれまで男性が中心でした。今現在も男性が中心であることに間違いありませんが、女性も増えつつあります。男女雇用機会均等法によって、男女が垣根を超えて…

40代・50代からのトラックドライバー

転職するために求人を見ていると、40~50代以降の求人が少ないことに気づく人も多いでしょう。ところがトラックドライバーは50歳以上でも求人・採用となっていることが多い業種です。では中年以降でトラックドライバーを目指すには、どのようなポイントを押さえればいいのでしょうか。

定年後も続けられる職場は魅力的!

一般的な企業のほとんどは、60歳を定年としていますよね。運送会社も例外ではありません。勤務する会社によっても異なりますが、特に大手の運送会社は、定年を60歳と定める傾向が目立つようです。定年制度が…

4トン車のルート配送

4トン車を運転するには今では普通免許では無理ですが、平成19年6月1日までに普通免許を取得した人であれば特に新たに免許を取得する必要はありません。それ以降に取得した人の場合には準中型免許や中型免許…

大型免許を取得していなくても大丈夫

トラックドライバーは、人手不足状態と言えます。物の購入はインターネットを使えば簡単に済みますが、物を運ぶのは人です。都市部から地方、地方から都市部など色々な動きがある中で、トラックドライバーの役割…

福利厚生に力を入れている運送会社は女性の味方

求人票をみるポイントを押さえておこう

物流に欠かせないトラック運送。男性の多い業界というイメージがありますが、最近では女性のドライバーも増えてきています。そのため、更衣室や休憩室などが女性用に整備されるなど、女性が働きやすい職場環境に整えている運送会社も多く見受けられるようになってきています。トラックドライバーに関心があっても、どの運送会社を選べばよいか迷ってしまいますよね。 求人票には様々な項目がありますが、福利厚生がしっかりしている会社であれば働きやすい環境といえるでしょう。年間休日や有給休暇、社会保険等の完備はもちろん、各種免許の取得支援制度や育児や介護での休暇が取得できるかどうかも注意してみておきたいポイントです。また、基本給や時間外手当の詳細、昇給や賞与の規定などが明確であることも大切です。

研修や免許の取得支援などの制度もチェックしよう

運送会社の中には体験会や研修制度を設けている会社もあります。未経験からトラックドライバーを目指す時には体験会などを利用してみると良いでしょう。入社後の教育システムが充実し研修制度などがあれば、トラックの運転だけでなく納品に関わる作業など業務に関連することを予め学ぶことができ、実際にドライバーとして仕事をする上でのスキルを身につけることが可能です。 運送会社では小型のトラックだけでなく、大型やけん引、フォークリフトなどの免許があると給与もアップするところがほとんどです。そこでキャリアアップを目指すのであれば、大型やけん引などの免許取得も視野にいれたいですよね。そのような時に免許取得の支援制度があると働きながら免許の取得を目指せます。