定年後も続けられる職場は魅力的!

60歳以降も現役で活躍することは十分可能

一般的な企業のほとんどは、60歳を定年としていますよね。運送会社も例外ではありません。勤務する会社によっても異なりますが、特に大手の運送会社は、定年を60歳と定める傾向が目立つようです。定年制度がある運送会社に勤めていた場合は、いったん退職してから契約社員や嘱託として新たに契約を結び、引き続きトラックドライバーを続ける人も少なくありません。運送業界でも人手不足が叫ばれており、会社側としても長く活躍してもらいたいと考えているようです。また、定年制度のない運送会社も一部存在します。荷物を運んだり、長距離を運転したりなど、体力が求められる仕事ではありますが、採用条件として年齢が問われることは少ないようです。

40代からでも転職しやすい

人手不足の影響から、トラックドライバーの求人は増加傾向にあります。経験・年齢・学歴不問という求人も比較的多いようです。年齢が上がるにつれて、転職へのハードルが高くなっていくのが一般的な流れですよね。その点トラックドライバーの求人は、40~50代の中高年層であっても、積極的に採用している運送会社が珍しくありません。大型トラックを運転するには、中型や大型の運転免許が必須なので、すでに免許を持っている人はより有利に転職しやすいといえます。また、未経験からスタートして、キャリアアップしていくことも可能でしょう。まずは中型から始めて、大型や大型特殊へとステップアップしていくことで、収入アップを目指すことができます。

トラック運転手の求人は他の職業に比べて20代でも高い給料です。免許がない初心者でも募集をしていることがあります。