重機も扱う大型ダンプドライバーなら力が弱い女性でも大丈夫

力の強さはほとんど関係ない

重機を扱ったり、大型ダンプが行き交うような仕事場はこれまで男性が中心でした。今現在も男性が中心であることに間違いありませんが、女性も増えつつあります。男女雇用機会均等法によって、男女が垣根を超えて色々なステージで活躍できるようになりました。また、少子高齢化によって人材が不足しているので女性も積極的に採用していかないと仕事が成り立たないのです。大型ダンプを女性が運転するのは一見難しそうに見えるかもしれませんが、力の強さなどはほとんど関係ありません。シフトレバーが特別重い訳ではないですし、強いて言うのであれば身長が低い女性はダンプへの乗り降りがやや困難ということだけです。環境に慣れたら、全く問題無く勤務できるはずです。

女性の特性を生かせる

重機や大型ダンプが行き交う場所は、常に大きな音が鳴り響いています。重機の警告音やエンジン音があるので、笛などを使って意思疎通をします。ただ、笛だけでは完璧に意思疎通できないので言葉を使わないといけません。その時は大きな声を出さないと相手に伝わらないので、女性の高い声は便利です。スムーズに意思疎通ができれば、お互いの負担やストレスが減ります。また、ダンプを扱う際は砂を搬入することになりますが、慎重に作業しなければ大事故に繋がります。女性は男性と比べてデリケートな傾向にあるので、細かい作業が得意です。ミスなく一つずつ仕事を進めることができると、現場でも重宝されるような人材になります。過去のイメージに捉われずに挑戦することが大事です。